スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 食品衛生課 >  未加熱の状態で販売されるメンチカツ等の製品について

北海道の分類: くらし・医療・福祉 > 食の安全・安心 > 食の安全・安心

最終更新日:2016年12月15日(木)


未加熱の状態で販売されるメンチカツ等の製品について


未加熱の状態で販売されるメンチカツ等の製品について

 

 

 神奈川県内などで家庭で調理された冷凍メンチカツを原因とした腸管出血性大腸菌O157食中毒事件が発生しました。

 

 現在、下記の販売者が製品を回収していますので、お手元に製品がありましたら、下記の販売者に連絡していただきますようお願いしますまた、当該品を食べて具合が悪くなった場合は、すみやかに医療機関を受診するとともに、最寄りの保健所までご相談ください。

 

・ 米久 株式会社           : ホームページはこちら 

・ 株式会社 肉のいしかわ    :  ホームページはこちら

 

<参 考>

・ 静岡県のホームページ    : タケフーズの立ち入り調査等について(中間報告)

・ 北海道のホームページ    : お肉は生で食べないで

・ 厚生労働省のホームページ : 腸管出血性大腸菌による食中毒

     

・ リーフレット            : 未加熱の食肉調理品は十分に加熱しましょう


〇 メンチカツやハンバーグなどのひき肉製品は、内部まで食中毒菌に汚染されていることがあるので、食べる際には、中心部の色が変化するまで十分に火を通すことが大切です。

〇 未加熱の食品から、手指や器具を介して他の食品を汚染することがあるので、未加熱の食品を触った後は、よく手を洗い、加熱前後で器具を使い分けることが大切です。

  

 

 保健福祉部健康安全局食品衛生課 

(食品安全グループ) 

 電話 : 204-5261