スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 食品衛生課 >  食中毒警報第1号の発令について(平成29年度)


最終更新日:2017年5月19日(金)


食中毒警報第1号の発令について


                平成29年度における食中毒警報第1号の発令について

                    平成29年5月19日(金)午前11時30分

北海道保健福祉部健康安全局食品衛生課


 食中毒警報は、食中毒の未然防止のため、細菌性食中毒の発生しやすい夏期を中心として高い気温や湿度などの一定の気象条件の場合に、保健所長が警報を発令し、食品関係施設や一般家庭に注意を喚起するものです。
 平成29年度に入って初めての食中毒警報が、本日、次のとおり発令されましたのでお知らせします。

○ 平成29年度第1号発令

 保健所名

 発令日時 

 発令期間

 発令基準
 帯広保健所    5月19日午前10時   48時間     1
  北見保健所        5月19日午前11時   48時間     1



 

  

○ 食中毒警報の発令基準
 1 日最高気温28℃以上が予想される場合
  2 前2日間のそれぞれの日最低気温が20℃以上で、かつ、湿度が85%以上の場合
 3 前2日間のそれぞれの日平均気温が23℃以上で、かつ、湿度が85%以上の場合
 4 その他保健所長が特に必要と認める場合

○ 特に注意すべき事項
 1 食品は、冷蔵庫に入れるなど低温で保存すること。
 2 魚介類等の生鮮食品は、できるだけ早く調理し、早めに食べること。
 3 食品は、よく火を通して食べること。
 4 ふきん、まな板等調理器具の洗浄、殺菌を励行すること。

(参考)
 1 過去の発令状況等
  ア 昨年の第1号発令
      発令日時 平成28年5月19日(木)午前9時~(警報は96時間継続)
      発令保健所  北見保健所
    
  イ 過去3年の発令状況(全道)

    平成28年 377回(延日数950日)
    平成27年 273回(延日数656日)
    平成26年 345回(延日数868日)