スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 食品衛生課 >  古くなった金属製容器(水筒、やかんなど)の使用方法にご注意ください!!


最終更新日:2020年7月22日(水)

古くなった金属製容器(水筒、やかんなど)の使用方法にご注意を!!

 暑い季節を迎え、冷たい飲み物を飲む機会も多くなりますが、水筒、やかんなどの金属製の容器をお使いの方は、今一度、使い方をご確認ください。

金属製容器を使う前に確認するべき 「 3つのポイント 」

 金属製の容器を使う場合、次の3つのポイントに注意しましょう。

 また、普段、金属製の容器を使用していて、いつもと違う味や色になった時は、注意しましょう。


(ポイント1) 容器の内部にサビや傷はありませんか?

  容器の内部にサビや傷があると、本来、飲み物と接触しない部分が露出し、金属成分が溶け出すことがあります。

  容器を落としてしまった時やぶつけてしまった時は、外側だけではなく、内側までよく確認しましょう。

(ポイント2) 酸性の飲み物を長時間、金属製の容器に保管してはいけません!

  酸性の飲み物(※下段「酸性の飲み物とは」参照)をサビや傷のある金属製の容器に入れておくと、容器に使われ

ている金属成分が飲み物へ過剰に溶け出すことがあります。

  容器や飲み物の注意書きをよく確認しましょう。

(ポイント3) 容器は定期的に新しいものに交換しましょう!

  古くなった容器は、内部にサビが発生したり、知らずに破損していることがあります。

※ 酸性の飲み物とは?

  酸性の飲み物には、主に炭酸飲料や乳酸菌飲料、果汁飲料、スポーツ飲料があります。

  炭酸や乳酸、ビタミンC、クエン酸(柑橘類を初めとする果実類に多く含まれます。)を多く含む飲み物は、酸性度が

高くなります。

このページに関するお問い合わせ
保健福祉部健康安全局食品衛生課 食品保健係
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
電話番号:011-204-5261
FAX番号:011-232-1037