スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 食品衛生課 >  制度の特徴


最終更新日:2012年4月18日(水)


制度の特徴


認証マーク

 

○ HACCP(ハサップ:危害分析重要管理点方式)の手法を取り入れた衛生管理を確実に
 行っていることを認証するものです。

○ 北海道が独自に作成した「HACCPに基づく衛生管理導入の評価調書」を使用し、施設の状
 態や管理運営の方法を143項目にわたって自己採点の上、同じ調書を使用し第三者機関が
 評価するので、一般的な衛生管理上で改善を要する点やHACCPによる衛生管理を実践して
 いくに当たって必要となる事項を具体的に把握することができます。

○ 認証に際して行われる衛生管理方法の実地調査は、北海道に登録された民間の衛生コ
 ンサルタント会社等(「登録評価機関」といいます。)が行い、審査は、有識者などで構成す
 る証審査会(事務局: (社)北海道食品衛生協会、平成19年8月16日北海道選定)が行
 います。

○ 認証を受けた衛生管理方法により製造・加工された食品には、認証マークを表示すること
 が認められます。



「認証制度」のトップへ