スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 食品衛生課 >  認証までの流れ


最終更新日:2012年4月18日(水)


認証までの流れ


認証マーク 

 

  手続きの流れ をくわしく知りたい方はこちら(PDF)

1 あなたの営業施設の構造設備の状況や食品等の取扱いに関する衛生管理方法について、
 評価調書を用いて自分でチェックします。

2 自己採点で段階7以上になったら、登録評価機関に評価・認証を申請します。
  申請は、 「北海道HACCP自主衛生管理認証申請書」 (Word)及び添付書類の提出によ
 り行います。
  申請には、手数料が必要となります。 → 

3 登録評価機関が書類審査、営業施設の実地調査を行います。

4 登録評価機関による実地調査で、評価段階7以上が確定したら、登録評価機関は認証審
 査会事務局に審査を依頼します。
  審査には、手数料が必要となります。 → 

5 認証審査会における審査の結果、基準に達していると認められた場合は、認証が決定され
 ます。

6 認証審査会事務局から認証書が交付されます。認証の有効期間は3年間です。

7 認証を受けた対象食品には、北海道への使用許諾申請により、認証マークを表示する
 ことができます。
  また、認証を受けた施設の名称等は、北海道食品衛生課のホームページに掲載し、広く
 道民等に周知します。

 ◎ 認証審査会における審査の結果、基準に達せず認証されなかった場合は、評価を行った
  登録評価機関と十分に相談しながら、衛生管理の改善を図った上で再評価を申請(Word)
  しましょう。

8、9 再評価の申請についても、認証の更新申請(Word)(認証の有効期間満了の3ヶ月前
   から行う申請)及び変更申請(Word)(製造工程は衛生管理方法などの変更に係る申請)
   とともに、上記の流れと同様に進められます。

☆ 認証を受けた食品関係営業者等は、1年ごとに、評価調書を用いた自己採点を行  
 い、最初に評価を受けた登録評価機関に自己評価調書を提出しなければなりません。
   評価調書による自己評価を常に行い、継続的に衛生水準の維持向上に取り組みま  
 しょう!

「認証制度」のトップへ