スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 子ども未来推進局子ども子育て支援課 >  女性のこころや体にお悩みの方へ|妊娠・出産に関する悩み

北海道の分類: くらし・医療・福祉 > 子ども・青少年 > 妊娠・出産・育児

最終更新日:2017年2月21日(火)


女性のこころや体にお悩みの方へ|妊娠・出産に関する悩み



北海道 結婚・妊娠・出産・育児 総合ポータルサイト「ハグクム」
結婚 妊娠・出産 育児

妊娠から出産までA to Z 妊婦さんにやさしい環境づくり 出産後の赤ちゃんの検査 妊娠・出産に関する悩み 各市町村お問合せ一覧
不妊でお悩みの方へ
不妊でお悩みの方へ
不妊治療費の助成制度
指定医療機関について
相談について
女性のこころや体にお悩みの方へ
女性のこころや体にお悩みの方へ
女性の健康手帳
マタニティーブルーや産後うつ
にんしんSOSほっかいどう-妊娠したことにとまどっているあなたへ-

女性のこころや体にお悩みの方へ

思春期のからだやこころ、望まない妊娠、不妊・不育、更年期の障害、HTLV-1、母子感染など女性のライフサイクルに応じた様々な悩みや不安に対して、女性の健康サポートセンターで広く相談をお受けしています。

女性の健康サポートセンター

  相談場所 全道26ヶ所の各道立保健所内
  相談担当者 道立保健所保健師
  相談方法 面接(予約制)や電話でお受けします。
各保健所によって予約受付日が違いますので、電話でご確認ください。
  電話受付時間 月~金曜日8:45~17:30(祝日を除く)
  料金 無料
  プライバシーには十分配慮しております。安心してご利用ください。

  詳しくは、お近くの道立保健所までお問い合わせください。

不妊専門相談センター(予約制)
北海道は、女性の健康サポートセンターのほか、不妊治療についての専門相談に対応するため、「不妊専門相談センター」を旭川医科大学病院に設置し、不妊治療を行っている医師が不妊症や不育症に関する専門的な相談に応じています。例えば「結婚して2年以上経つけど子どもができないの。不妊症なのかしら。」「今の治療のままでいいのか心配。他の先生の意見も聞いてみたい。」「妊娠はしても流産をくり返し、とてもつらい。これからの妊娠が不安。」などのご相談をお受けします。

不妊専門相談センターのページへ


女性の健康手帳

女性は、女性ホルモンの影響を受け、思春期や成人期、更年期といったライフステージ毎に特有の症状や健康障害を起こしやすくなります。
このことから、女性自身が健康に関する知識や予防方法を知り、ご自身で健康づくりに取り組むことが必要です。
北海道では、一人一人の女性が生涯を通じた健康づくりに目を向けていただくためのきっかけとなることを目的として女
性の健康手帳(若年者と一般用)を作成しました。ご自身の健康問題の解決や生活習慣の改善などの健康づくりにご活用ください。


若年者用(中学生・高校生から成人期の女性向け)
表紙
はじめに・目次
プロフィール
既往歴や子どもの頃の予防接種歴・月経・出産などの記録や乳がん・子宮がん検診などの記録票・BMI記録表・血圧の記録票
思春期
女性のからだとホルモンの関係・月経・ 妊娠・性感染症・やせ・たばこ・DVなど多くの情報を掲載(妊娠や出産について知ってほしいこと、にんしんSOSほっかいどう窓口などを追加)
女性特有の病気
子宮がんや乳がんとその検診、乳がんの自己検診法など
資料編
北海道の女性の健康に関する統計や各種相談窓口など

一般用(成人期から中高年期の女性向け)
表紙
はじめに・目次
プロフィール
既往歴や子どもの頃の予防接種歴・月経・出産などの記録や乳がん・子宮がん検診などの記録票・BMI記録表・血圧の記録票
女性特有の病気
子宮がんや乳がんとその検診、乳がんの自己検診法など
更年期
更年期とホルモンの変化から生じる様々な体の変化や症状、間違えやすい病気、うつ病のチェック、生活の工夫など
資料編
北海道の女性の健康に関する統計や各種相談窓口など

若年者用の原稿はB6サイズ、一般用の原稿はA5サイズで作成されていますので印刷の際にはご注意ください。

問い合わせ先
北海道保健福祉部子ども未来推進局子育て支援グループ
電 話 :011-231-4111(内線25-770)
FAX :011-232-4240 


このページの先頭へ

北海道保健福祉部子ども未来推進局
〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
TEL 011-231-4111(代表) 内線 25-761
FAX 011-232-4240
e-mail:Hofuku.kodomo1@pref.hokkaido.lg.jp