スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2020年5月25日(月)

北海道子育て支援員研修について


子育て支援員とは?

子育て支援員とは、都道府県または市町村が実施する研修(「基本研修」及び

「専門研修」)を修了し、保育や子育て支援分野の各事業等に従事する上で、

必要な地域や技術等を修得したと認められる方のことです。

北海道では、本研修の修了者を、全国で通用する「子育て支援員」として認定します。

子育て支援員として認定された方は、家庭的保育や小規模保育などで活躍することが

期待されています。

なぜ子育て支援員が必要なの?

平成27年4月から、「子ども・子育て支援新制度」がスタートし、小規模保育、

家庭的保育等の地域型保育や、地域子ども・子育て支援事業等の担い手となる

人材を確保する必要性が増しています。

そこで、地域において保育や子育て支援等の仕事に関心を持ち、保育や子育て

支援分野の各事業等に従事することを希望する方、または従事している方を対象

として、必要な知識や技能等を修得した「子育て支援員」を養成する研修を実施

することになりました。

子育て支援員になるには(申込から修了証書交付までの流れ)

流れ

北海道子育て支援員研修について

 令和2年度における本研修は、新型コロナウイルス感染症の発生状況を踏まえ、実施の可否や実施方法(実施コースの限定や、受講者数の制限など)を検討中です。

 今後、令和2年7月末を目途に、検討結果をこちらのページに掲載しますので、研修の受講を検討されている方は、随時、チェックしていただきますようお願いします。