スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2018年2月16日(金)

北海道の子どもの貧困対策



子どもたちを地域全体で見守り
夢と希望をもって未来に進める北海道づくりを推進します



国の調査では、日本の子どもの7人に1人は平均的な所得の半分以下の世帯で暮らしていることが報告されており、生まれ育った環境によって、進学をあきらめたり、健やかな成長に必要な衣食住が確保されていない子どもがいます。

全ての子どもたちが、生まれ育った環境に左右されることなく、前向きに人生を歩み、将来、一人ひとりの活躍を結集し、活力ある北海道を創造することが重要です。

このページは、相談機関をはじめ、医療や就学などに関する支援制度を紹介し、必要な方が確実に支援を受けられるためにお知らせしているものです。ご相談やご不明な点は、各ページの「照会先」に遠慮なくご連絡ください。

道民の皆様には、子どもの貧困の現状についてご理解いただき、地域で広がっている学習支援や安心して集える場の提供などの取組にご支援、ご協力をいただきますようお願いいたします。


新着情報


【3月3日(土)】「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーin札幌・道央」の開催


道内でも広がりを見せている「子ども食堂」について考える全国ツアーが3月3日(土)、札幌市内で開催されます。

当日は、東京都大田区の子ども食堂「気まぐれ八百屋だんだん」店主で、子ども食堂の名づけ親とされる近藤博子氏、子どもの貧困に関し積極的な情報発信を続ける社会活動家で、法政大学教授の湯浅誠氏らによる講演、パネルディスカッションのほか、地域の実践者による事例紹介を通じて、子ども食堂のあり方や地域の人たちの関わり方などを考えます。

詳しくはリーフレットをご覧ください。


【主催】「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアー in 札幌・道央」実行委員会


全国ツアーin札幌・道央リーフレット


子どもの貧困を考えるフォーラムを開催しました


昨年度、北海道は、札幌市と連携し、北海道大学と共同で「子どもの生活実態調査」を行いました。調査票の記入にご協力いただいた方が約2万4千人という大規模なものです。

去る12月16日(土)に、この結果の概要を報告し、子どもの貧困対策を考えるフォーラムを開催しました。

結果の概要は、後日このページに掲載します。



過去の新着情報はこちら>>


支援制度を探す

子育て世帯や子どもが利用できる各種相談機関や支援制度などを紹介しています。

テーマから探す ライフステージから探す

計画・調査等資料

子どもの貧困対策に関する法律や道の計画、調査結果などを紹介しています。

法律・国の大綱
(準備中)
道の計画 道内の子どもの
生活実態

関連リンク

このページに関するお問合せ
保健福祉部子ども未来推進局子ども子育て支援課
〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
電話 011-206-6328
FAX 011-232-4240
hofuku.kodomo1@pref.hokkaido.lg.jp