スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2015年4月17日(金)


kodomomiraijyourei


北海道子どもの未来づくりのための少子化対策推進条例

 本道の少子化は全国を上回る速さで進行しており、急速な少子化は子ども自身の健やかな成長はもとより、社会経済や社会保障制度などにも大きな影響を及ぼすことが懸念され、少子化対策は本道にとって重要かつ喫緊な課題となっています。
 このため、北海道独自の少子化対策を道民と一体となって推進するため、少子化対策の目的、基本理念、基本的施策等を明確にした都道府県レベルでは全国初となる「北海道子どもの未来づくりのための少子化対策推進条例」(通称:北海道子ども未来づくり条例)を制定することとしました。


平成16年10月19日(火)、「北海道子どもの未来づくりのための少子化対策推進条例」が公布されました。
平成16年10月8日(金)、第3回北海道議会定例会で「北海道子どもの未来づくりのための少子化対策推進条例案」が可決されました。







北海道子どもの未来づくりのための少子化対策推進条例(平成16年10月19日公布、施行)
北海道子どもの未来づくりのための少子化対策推進条例案の構成【資料1】
北海道子どもの未来づくりのための少子化対策推進条例案の要旨【資料2】
北海道子どもの未来づくりのための少子化対策推進条例の特徴について【資料3】
条例制定に係る関連資料



「北の大地☆子ども未来づくり北海道計画」

第二期「北の大地☆子ども未来づくり北海道計画」

 

第三期「北の大地☆子ども未来づくり北海道計画」

【お問い合せ先】
 北海道保健福祉部子ども未来推進局
 少子化対策グループ  TEL011-231-4111 内線 25-763、25-764


トップページへ戻る