スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2015年8月17日(月)


保育所・保育サービス等


 乳幼児の保育にあたる方が、働いていたり病気に

かかっているなどの理由で、家庭において充分に子

どもの面倒を見ることができないとき、その方にか

わって、家庭と同じような保育をすることを目的と

する児童福祉施設です。

   

    

【入所の条件】

 具体的には次のような状態にあり、同居の親族など

による保育ができない場合に、保育所を利用すること

ができます。

 なお、利用については、保護者が希望する保育所を

選択できます。

●労働することを常態としていること。

●妊娠中であるかまたは出産後間がないこと。

●疾病にかかり、もしくは負傷し、または精神

 もしくは身体に障害を有していること。

●同居の親族を常時介護していること。

●震災、風水害、火災その他災害の復旧に当た

 っていること。

●これらに類する状態にあること。

【保育料について】

 保護者の所得等に応じて、各市町村が定める

保育料を負担していただきます。

 

問い合わせ 市役所、町村役場

      総合振興局・振興局社会福祉課


<参考資料>

道内認可保育所一覧表(H26.4.1現在) <Excelファイル>

認可保育所の設置状況(H26.4.1現在) <Excelファイル>

認可保育所の入所状況(H26.4.1現在) <Excelファイル> 

へき地保育所一覧(H26.4.1現在)   <Excelファイル>

 

 

 

    保育サービスや子育て支援

   ってな~に?

 

 

 

 近年の核家族化の進行や女性の社会進出に伴う共働き家庭の増加による保育ニーズの高まりに対応して、多様な保育サービスや子育て支援の提供を行っています。

 事業を実施している保育所などの詳細については、お住まいの市役所または町村役場にお尋ねください。

 

                                           

    

  

  ○保育所等で実施している保育サービス

名  称

概  要

H25年度の実施箇所数

延長保育事業

保育所の開所時間(11時間)の前後の時間において、30分以上延長して保育を行う事業です。

498箇所

夜間保育事業

保護者の就労形態の都合等により、夜間に保育が必要な児童に対し、午後10時まで保育所を開所し、保育を行う事業です。

6箇所

休日保育事業

保護者の就労形態の都合等により、日曜日や祝日等に保育が必要な児童に対し、保育所を開所して保育を行う事業です。

27箇所

病児・病後児保育事業

 

病児対応型

病気の回復期に至っておらず集団保育が困難な児童で、保護者の都合で家庭での保育が困難な児童を、保育所や病院等に付設された専用スペースで一時的に預かる事業です。

6箇所

病後児対応型

病気の回復期であるが集団保育が困難な児童で、保護者の都合で家庭での保育が困難な児童を、保育所や病院等に付設された専用スペースで一時的に預かる事業です。

16箇所

体調不良児対応型

保育所において、保育中に熱を出すなど体調不良になった児童を、保護者が迎えてにくるまでの間、園内の医務室等で看護師や保健師が緊急的な対応を行う事業です。

7箇所

一時預かり事業

専業主婦家庭など、普段は保育所を利用していない家庭において、急病や育児疲れなどの肉体的・心理的負担を軽減するために、一時的な保育を行う事業です。

317箇所

特定保育事業

パートタイム勤務や育児短時間勤務など、保護者の就労形態等の理由により、一定程度(概ね月64時間以上)の期間について、保育に欠けると認められる児童を保育所で保育する事業です。

9箇所

○そのほかの保育サービス

 

名  称

概  要

家庭的保育事業

(保育ママ事業)

市町村が認めた家庭的保育者(いわゆる「保育ママ」)が、保育所や児童入所施設などと連携をとりながら、自宅等において、少人数の乳幼児の保育を行う事業です。

短期支援

 

 

トワイライトステイ

保護者が仕事の都合等により、平日の夜間または休日に不在となり、家庭において児童を養育できない場合に、児童を児童養護施設等において保護し、生活指導や食事の提供等を行う事業です。

ショートステイ

保護者が疾病などの理由で、一時的に児童を養育することが困難となった場合に、児童を児童養護施設等において養育を行う事業です。

ファミリーサポートセンター

地域において子育てを支援する組織で、育児援助などを行いたい方と、育児援助を受けたい方からなる会員組織です。

主な事業として、保育所までの送迎や保育所の開所前や終了後に子どもを預かる事業などを行っています。

放課後児童クラブ

(学童保育、学童クラブ)

保護者が就労等より家庭にいない、小学校に就学している概ね10歳未満の児童を対象として、授業の終了後に、小学校の空き教室や児童館などを利用して適切な遊びや生活の場を与える事業です。

地域子育て支援センター、

つどいの広場ってな~に?

 育児相談や子育ての指導など、地域における子育て家庭に対する支援を進

めるために次の事業を行う地域の子育て支援に関する拠点です。

 一般型(地域子育て支援センター、つどいの広場)や地域機能強化型(利用者支援・地域支援を実施)などの種類があり、保育所や公共施設等に併設されているので、詳しくはお住まいの市役所または町村役場にお尋ねください。

 

【主な事業内容】

●子育てに不安や悩みなどを持っている子育て親子に対する相談、援助を実

 施します。

子育て親子が気軽にかつ自由に利用できる交流の場の設置や子育て親子間

 の交流を深める取組等の地域支援活動を実施します。

子育て親子が必要とする身近な地域の様々な育児や子育てに関する情報の

 提供を行います。

●子育て親子や将来、子育て支援に関わる活動を希望する者等を対象として

 子育て及び子育て支援に関する講習等を実施します。

  

  <参考資料>

  道内地域子育て支援拠点一覧(H26.3.31現在) <Excelファイル>