スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2016年5月25日(水)


統計情報


○本道の国民健康保険の加入状況

○本道の国民健康保険医療費の動向

○本道の国民健康保険料(税)の状況

○本道の後期高齢者医療被保険者数の状況

○本道の後期高齢者医療費の動向

○本道の後期高齢者保険料の状況

 



平成26年度における市町村「こくほ」の年度平均世帯数は、862,218世帯で前年度に比べ17,196世帯(-1.99%)の減、年度平均被保険者数は、1,401,232人で前年度に比べて45,804人(-3.17%)の減となっており、1世帯当たりの被保険者数は1.63人となっています。

世帯数等の推移

ページのトップへ ホームへ



市町村「こくほ」の平成26年度医療費は約5,184億円で、前年度と比べると83億円(-1.58%)の減少となっています。

 

国保医療費の推移

1人当たりの医療費は、全国平均の1.11倍(H26)となっており、また、都道府県別で最も低い沖縄県と比較すると1.16倍(H26)となっています。
市町村では、医療費の伸びをできるだけ少なくするために、健康づくりなどの取組みを行っています。

    

1人当たり医療費の推移
ページのトップへ ホームへ



平成26年度の1人当たりの保険料(税)は、全国平均(93,203円)と比べてやや低く93,167円となっており、47都道府県のうちでは21位となっています。

 

保険料の推移

平成26年度の収納率(現年度分)は前年度に引き続き全国平均を上回りましたが、47都道府県のうちでは13位となっています。

 

収納率
ページのトップへ ホームへ



 

 


 

 本道の後期高齢者医療費被保険者数の状況

  

平成26年度(平成27年3月末現在)における、後期高齢者被保険者数は、747,253人で、

北海道の総人口の約13.8%を占めています。

 このうち、75歳以上の被保険者は714,164人、65~74歳で障がい認定を受けた被保険

者は、33,089人となっています。

    後期高齢者医療被保険者数

     

  ページのトップへ ホームへ

 

 本道の後期高齢者医療費の動向

    平成26年度における、後期高齢者医療費は、約8,054億円で、前年度と比較すると、

  約138億円(約1.8%)増加となっています。

  後期高齢者医療費 

 

    平成26年度における一人当たりの医療費は1,090,014円で、全国平均の約1.17倍と

    なっており、前年度と比較すると、約0.15%の減となっています。

  一人当たり医療費

 

ページのトップへ ホームへ
 

 

  本道の後期高齢者保険料の状況

   平成27年度の一人当たりの保険料は、全国平均より低くなっており、前年度と比較すると、2,346円の減となっています。

 一人当たり保険料

    

ページのトップへ ホームへ