スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 国保医療課 >  平成20年度特定健康診査・特定保健指導の実施状況


最終更新日:2012年7月09日(月)


平成20年度特定健康診査・特定保健指導の実施状況


 ○特定健康診査・特定保健指導の実施状況(市町村国保:平成22年度速報値)

 平成20年度から市町村国保では、それぞれの市町村が定めた「特定健康診査等実施計画」に基づき、生活習慣病予防のための健康診査(特定健康診査)と保健指導(特定保健指導)を実施しています。
 この計画には特定健康診査の実施に係る目標を定めており、市町村国保の北海道全体では、下表のとおり目標を下回る結果となっています。
 生活習慣病の予防や早期発見のため、毎年特定健康診査を受診することが重要です。
  なお、市町村によって、健診場所、健診時期、自己負担額等が異なりますので、詳しくは市町村の国民健康保険の窓口にお問い合わせください。 

 

 ○特定健康診査実施率 

 

 平成20年度

 平成21年度

 平成22年度

(速報値)

 

 

 目標値

 

 目標値

 

 目標値

 北海道

 21.0%

 29.0%

 21.6%

 37.7%

 22.6%

46.6% 

  全 国

 30.9%

 ―

 31.4%

 ―

 32.0%

 ―

○特定保健指導実施率

 

 平成20年度

 平成21年度

 平成22年度

(速報値)

 

 

 目標値

 

 目標値

 

 目標値

 北海道

 18.1%

25.0% 

 28.8%

29.7% 

 28.0%

35.5% 

  全 国

 14.1%

 ―

 19.5%

 ―

 20.9%

 ―