スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2016年7月25日(月)

認知症介護のページ

このページは、認知症介護関係の事業などを紹介するページです。

身元のわからない認知症高齢者や記憶が無い方を保護している情報
・こちらのページでは現在北海道内で保護されている身元不明者の情報について、ご本人の生活状況や療養への影響なども考慮し、可能な範囲で公開しています。
身元のわからない認知症高齢者や記憶が無い方を保護している情報(福祉援護課のページにリンク)


○「権利擁護人材フォローアップ事業」委託業務にかかる公募型プロポーザルの実施
 (参加表明の受付は終了しました)

 道は、「権利擁護人材フォローアップ事業」委託業務にかかる公募型プロポーザルを実施します。

○認知症介護研修業務委託契約に係る一般競争入札の実施
(平成28年度の入札は終了しました)
 道は、認知症介護研修業務委託契約を締結するため、一般競争入札を実施します。
 
詳しくはこちらをご覧ください。 

 

〇若年性認知症に関するページを掲載しました。詳しくはこちら 

若年性認知症従事者向け研修会(終了しました。)
 道と札幌市の共催により若年性認知症従事者向け研修会を開催いたします。
 
 日時:平成27年11月1日 13:00~15:30 (開場12:00)
 場所:札幌エルプラザ3階ホール(札幌市北区北8条西3丁目) 


 認知症コールセンター
北海道認知症の人を支える家族の会に認知症コールセンターを開設し、認知症の人やその家族などからの電話相談に応じています。
 ・電話 011-204-6006
 ・開設時間 10:00~15:00(月~金)
 ・来所相談も可能です。
   住所 札幌市中央区北2条西7丁目 かでる2・7 4階
       北海道認知症の人を支える家族の会
 ・ホームページ http://www.ninchisyo.com

 

認知症地域医療支援事業

・病院勤務の医療従事者向け認知症対応力向上研修
(平成27年度の研修の募集は定員に達したため、締め切りました。)
 病院勤務の看護職員等医療従事者を対象に、認知症への理解を深め認知症の人や家族を支えるために必要な基本的知識と具体的な対応方法を習得する研修を実施します。

 

・かかりつけ医認知症対応力向上研修                                  

高齢者が日頃から受診する診療所等の主治医(かかりつけ医)に対し、適切な認知症診療の知識・技術や認知症の人本人とその家族を支える知識と方法を習得するための研修を実施しています。

かかりつけ医認知症対応力向上研修のページ 

 

・認知症サポート医養成研修
 認知症の人の診療に習熟し、かかりつけ医への助言その他の支援を行い、専門医療機関や地域包括支援センター等との連携の推進役となる認知症サポート医(推進医師)を養成します。

認知症サポート医名簿(PDF)

 認知症疾患医療センター
 認知症疾患に関する鑑別診断、周辺症状と身体合併症に対する急性期治療、専門医療相談を実施するとともに、地域保健医療・介護関係者への研修等を行う認知症疾患医療センターを指定しています。

 社会医療法人 函館渡辺病院  函館市湯川町1丁目31番1号  0120-596-676
 特定医療法人 富田病院  函館市駒場町9番18号  0138-52-1112(代)
 医療法人 亀田病院分院 亀田北病院  函館市石川町191番地4   0120-010-701 
 砂川市立病院  砂川市西4条北3丁目1番1号  0125-54-2131(代)
 医療法人社団玄洋会 道央佐藤病院  苫小牧市字樽前234番地  0144-68-2727
 社会医療法人友愛会 恵愛病院  登別市鷲別町2丁目31番地1  0143-87-0100
 特定医療法人社団千寿会 三愛病院  登別市中登別町24番地12  0143-83-3207
 総合病院 伊達赤十字病院  伊達市末永町81番地  0142-23-2211(代)
 ミネルバ病院  伊達市松ヶ枝町245番の1  0142-21-2000(代)
 医療法人社団旭川圭泉会病院  旭川市東旭川町下兵村252番地  0166-37-2810
 北見赤十字病院  北見市北6条東2丁目1番地  0157-24-3115(代)
 医療法人社団博仁会 大江病院  帯広市西20条南2丁目5番3号  0155-58-2690
 北海道立向陽ヶ丘病院  網走市向陽ヶ丘1丁目5番1号  0152-43-4138
 医療法人風のすずらん会 江別すずらん病院  江別市上江別442番15  011-384-2100(代)
 医療法人資生会 千歳病院  千歳市桂木1丁目5番6号  0123-40-7111
 小樽市立病院  小樽市若松1丁目1番1号  0134-25-1211(代)
 医療法人社団 相川記念病院  旭川市大町2条15丁目92番地16  0166-51-3421(代)
 社会医療法人孝仁会 星が浦病院  釧路市星が浦大通3丁目9番13号  0154-54-2500(代)

・認知症疾患医療センターの目的
 認知症には、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症など、幾つかの型が存在しており、認知症であるかどうか早期発見するとともに、認知症の型や症状に応じた適切な早期の治療が大切です。
 認知症疾患医療センターでは、このような鑑別診断など専門的な医療の提供のほか、地域の「かかりつけ医」、地域包括支援センター、介護サービス事業者、行政機関等と連携を図りながら、認知症の方が、住み慣れた地域で安心して生活できるよう、地域の認知症疾患の保健医療水準の向上を図ることを目的としています。
 
・認知症疾患医療センターの業務内容
 
 ◇認知症の診断と対応
  認知症疾患医療センターでは、認知症の診断を行いますが、医学的な診断だけでなく、日常生活の状況や、
 他の身体疾患等の状況等も踏まえ、総合的に評価を行うとともに、関係機関と情報の共有化を図り、医療・福
 祉・介護の支援に結び付けていきます。
  診断後は、ご本人のかかりつけ医と連携を図り、日常の診療はかかりつけ医が担当することが基本となりま
 す。
 
 ◇身体合併症・周辺症状への対応
   認知症の人の身体合併症及び周辺症状の治療について、認知症疾患医療センターで受け入れるほか、地
 域の認知症に係る専門医療機関、一般病院や精神科病院等と緊密な連携を図り、地域全体で受け入れる体
 制をつくっています。
 
 ◇専門医療相談の実施
  認知症疾患医療センターには、医療相談室を設置し、認知症に関する専門知識を有する精神保健福祉士等
 を配置することとしています。
  この医療相談室では、本人、家族、関係機関(地域包括支援センター、市町村、保健所・保健センター、介護
 保険事業所等)からの認知症に関する医療相談に対応するとともに、状況に応じて、適切な医療機関等の紹介
 を行います。
 
 ◇地域連携の推進
  地域の医療機関、地域包括支援センター、市町村、保健所・保健センター等の関係機関、家族介護者の会
 等との連携を図るため、協議会等を開催し、地域において関係者が密接に連携するネットワークづくりに向けた
 検討を行っています。
 
 ◇専門医療、地域連携を支える人材育成
  認知症疾患医療センターの院内においては、専門的な知識・経験を有する医師・看護師の育成に努めていくと
 ともに、地域においては、かかりつけ医の認知症対応力の向上を図るための研修等に取り組んでいます。
 
 ◇情報発信
  認知症に関する正しい知識をご理解いただくための情報発信を行っています。

 
認知症介護研修事業
・認知症介護関係研修のうち、北海道が実施する研修及び北海道が指定した法人が実施する研修を紹介しています。

認知症介護研修事業のページ

 

認知症介護指導者養成研修
・認知症介護技術の向上を図ることを目的として、高齢者介護実務者及びその指導的立場にある者に対し、認知症介護指導者養成研修を実施しています。

認知症介護指導者養成研修の受講者の募集

 

キャラバン・メイト養成研修(平成28年度帯広会場の受講受け付けを開始しました。)
・北海道では、認知症サポーターを育てるための講座(認知症サポーター養成講座)の企画・立案及び実施を行う講師役である「キャラバン・メイト」を養成する研修を実施しています。

キャラバンメイト養成研修について

 

認知症理解普及促進事業
・認知症に関する電話相談、認知症の人を介護する家族の交流集会、認知症に対する理解を深めるための研修会などを実施しています。

認知症理解普及促進事業のページ

 

 認知症高齢者110番の家
・日常的に人が集まりやすい事業所(商店、金融機関、タクシー会社等)を対象に、「認知症高齢者110番の家」として登録をしていただき、認知症高齢者に身近な立場での見守り・支援活動にご協力していただいています。

認知症高齢者110番の家のページ

 

若年性認知症ハンドブックなど
・若年性認知症ハンドブックや若年性認知症支援のための手引き、若年性認知症ケア・モデル事業報告書、若年性認知症の方を受入可能な介護サービス事業所名簿を掲載しています。若年性認知症の方やそのご家族が医療、介護などのサービスを受ける際に、若年性認知症の方の診療や相談支援などの際に、また、若年性認知症のケアに関する研修の教材などとしてご活用ください。

ダウンロードはこちら