スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 高齢者支援局高齢者保健福祉課 >  06 よくある質問について


最終更新日:2020年7月18日(土)

よくある質問(Q&A)

Q:自分の登録番号がわかりません。

A: 登録後、個人あてに送付している登録通知書に書かれています。登録通知書を大事に保管することが重要です。 通知書を紛失した場合は、住所地を所管する総合振興局(振興局)保健環境部社会福祉課又は北海道保健福祉部高 齢者保健福祉課(P14)までお問い合わせください。 名簿を確認し、口答で登録番号をお知らせしています。 登録通知書の再発行はしません。

Q:介護支援専門員証の有効期間が近づいてきました。個人宛にお知らせは届きますか。

A 有効期間満了のお知らせはありません。 また、研修受講のご案内等のお知らせについても、個人の方へは通知がありませんので、ご自分で管理をしていた だく必要があります。 有効期間の満了日までに必要な研修を修了され、更新のための手続きを行ってください。 各種研修日程は各研修期間のホームページ等をご覧ください。

Q:更新研修を受講したいのですが、どの研修を受講したら良いかわかりません。

A 「証」の有効期間中に実務経験のある方は「更新研修(実務経験者)」を受講してください。 実務経験がない場合は「更新研修(実務未経験者)」となります。 それぞれ申し込み先が違いますので、ご注意ください。
「介護支援専門員の資格に関する手続の流れ・研修体系」をご確認ください。

Q:証の有効期間内に研修が受講できなかった場合(修了できなかった場合)は、どうなりますか。

A 証の有効期間内に研修を修了できない場合には、更新手続きができません。現在お持ちの「証」は有効期間が満了してしまいますので、再度「証」の新規交付を受けるまでは、介護支援専門員として業務に就くことができません。 「証」の新規交付を受ける場合は、「再研修」を受講することになります。

Q:有効期間が満了しています。試験を受け直す必要がありますか。

A 試験を受けなおす必要はありません。 介護支援専門員としての登録は継続しています。 ただし、「証」の有効期間が満了しているため、介護支援専門員として業務には就けません。 介護支援専門員として業務に就く場合は、有効期間満了された方対象の「再研修」を受講し、再研修修了後「証」の新規交付申請を行い、交付を受けた後、業務に就くことができます。

Q:申請書に添付する書類(専門員証等)が見あたりません。どうしたら良いですが。

A :「証」・「介護支援専門員登録証明書(携帯用含む)」・「登録通知書」を紛失した場合は、「顛末書」を作成して代わりに添付してください。
★顛末書(証、登録通知書等の紛失による)(記載例ダウンロード)

Q:更新のための研修を前年度以前に修了していますが、修了証を紛失したので、申請書に添付ができません。どうしたら良いですか。

A:修了証の再交付はしませんが、次の1または2により対応しています。

1 道で保管している修了者名簿により受講の確認ができます。「申立書」を作成し、申請書に添付してください。
★申立書(研修終了証明書紛失による)(様式ダウンロード)

2 道外へ転居するなどで移転先で書面による研修受講確認が必要となるなど、証の申請手続き以外で研修受講の証明書が必要な場合は、「研修受講済みの証明書」を交付することができます。証明書の交付を受けるには、「研修受講済みの証明書の交付申請書」に介護支援専門員証の写しを添付の上、提出してください。
★研修受講済みの証明書の交付申請書(様式ダウンロード)

【送付先】  〒060-8588
北海道札幌市中央区北3条西6丁目
北海道保健福祉部高齢者支援局高齢者保健福祉課

Q:北海道内での転居をしました。手続きはどうしたら良いですか。

A:登録事項変更(第3号様式)の届出を各総合振興局(振興局)へ行ってください。平成27年4月より、住所のみの変更の場合は介護支援専門員証の書換交付申請は不要になりました。 ★第3号様式(様式ダウンロード)

Q:北海道から都府県に転居しました。手続きはどうしたら良いですか。

A 県によって手続きの方法は異なりますが、おおむね以下の手順で手続きを行います。 1申請者はA 県に住民票を移す。 2申請者はA 県庁の介護支援専門員登録担当係から「登録移転申請書」をもらい、住民票を添えて、「北海道庁」(送 付先は以下)に送る。(「証」の交付を受けている場合は原本を添付してください。) 3道の登録名簿から削除し、その旨を道からA 県に通知する。 4A 県は道からの通知を受けて、A 県の登録名簿に新たに登録し、A 県から申請者に登録通知書を送る。 以上の手続きで北海道の登録からA 県への登録移転が完了します。 A 県が発行するあらたな「証」が必要な方は、登録完了後に手続きする場合と、登録移転申請書を入手する際に同時 に手続きする場合とがあります。新たな「証」の入手方法については、移転先の県庁に問い合わせてください。 なお、法令上登録移転が可能なのは、「業務に従事し又は従事しようとするとき」となっています。 【送付先】 〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目 北海道保健福祉部高齢者支援局高齢者保健福祉課 地域包括ケアグループ あて 電話番号:011-204-5176

Q:都府県から北海道へ転居してきました。手続きはどうしたら良いですか。

A:道外で介護支援専門員の登録を受けている方で、道内へ転居された場合や、北海道内の事業所等で就業している又は就業を予定している方で、北海道へ登録を移転する方は、登録の移転申請を行うことができます。北海道の様式(第2号兼第8号様式)に道内へ移転した後の住民票および移転前の登録都府県で交付された証の原本を添えて、移転前の都府県の担当へ提出してください。   

このページに関するお問い合わせ
保健福祉部高齢者支援局高齢者保健福祉課
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
電話番号:011-204-5272(直通)
FAX番号:011-232-8308
メールアドレス:hofuku.kouhuku1@pref.hokkaido.lg.jp