スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2018年8月28日(火)

地域包括ケアの推進について

地域包括ケアとは・・
 「住み慣れた地域で元気に楽しく安心に暮らしたい」という北海道民の願いを支えるしくみとして、介護保険・医療保険等の公的サービスにくわえて、近年、NPOや各種団体等による支援活動、ボランティア等によるインフォーマルサービス及び地区組織活動など、多様なサービスが地域で提供され、希薄化した住民同士の「つながり」の再構築が重要視されています。
  こうした数多くのサービスの提供は、十分連携がとれているとはいえず、断片化していて使いにくい、必要なサービスを必ずしも十分利用できていないのではないかという指摘もあります。
  地域ごとに社会資源の状況は違いますが、地域の資源をうまく組み合わせて、なるべく自分のニーズにあった適切なサービスを受けたいところです。そのためには、関係者が高齢者のニーズや実態をきちんと把握し、ニーズを軸に地域にある社会資源を横断的かつ有機的につなげ、必要な情報を関係者が共有し、地域が一つの組織のように役割分担しながら効果的にサービスを提供していくこと、すなわち「地域包括ケアの推進」が不可欠となります。

北海道型の地域包括ケア推進に向けて(平成23年3月) 

  市町村と地域包括支援センター等がコーディネート機能を発揮し、住民の参画を得て、行政職員や関係者等との意見交換を繰り返しながら、地域の政策に反映させていく「地域づくり」を活性化する必要があります。

ガイドブック

地域包括支援センター

地域支援事業(介護予防・日常生活支援総合事業)

平成30年度 総合事業における事業所評価加算基準適合事業所について

地域支援事業

「医療と介護の連携に関する意見交換会」の開催

介護マーク

  

このページに関するお問い合わせ
北海道保健福祉部高齢者支援局高齢者保健福祉課
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
電話番号:011-204-5272(直通)
FAX番号:011-232-8308
メールアドレス:hofuku.kouhuku1@pref.hokkaido.lg.jp