スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2018年5月28日(月)

地域密着型サービスの自己評価及び外部評価 

1 制度の趣旨

  平成18年の介護保険法改正により創設された地域密着型サービスのうち、認知症対応型共同生活
   介護事業所(グループホーム)については、自ら提供するサービスの自己評価及び外部評価が指定基
  準により義務付けられています。

  自己評価は、サービス水準の向上に向けた自発的努力と体制作りを誘導し、その内容及び範囲に
 おいて、これらの指定基準を上回るものとして設定されるものであり、外部評価は、第三者による外部
 評価の結果と、当該評価を受ける前に行った自己評価の結果を対比し、両者の異同について考察し
 た上で、外部評価の結果を踏まえて総括的な評価を行うこととし、これによってサービスの質の評価
 の客観性を高め、サービスの質の改善を図ることを狙いとするものです。

  また、「地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準(H18厚生労働省令第34号)」
 の改正により、平成27年度からの外部評価については、認知症対応型共同生活介護事業所のみが
 対象となります。

   外部評価の結果については、WAMNET(ワムネット)で公開されます。

2 自己評価・外部評価の実施について

  次のとおり様式等を定めています。
   ※要綱の改正に併せて体裁を整理しています。新しい様式を御活用ください。

 自己評価及び外部評価結果(別紙4-1)
 目標達成計画(別紙4-2)
 サービス評価の実施と活用状況(別紙4-3) 

Excel    

外部評価の実施後、別紙4-1、4-2が公表(WAMNETに掲載)されます。
 
  外部評価については、次のとおり実施要綱を定めています。
   ※実施要綱は、平成27年4月1日付けで改正しました。
     家族アンケートについても体裁を整理していますので、御活用ください。

 北海道地域密着型サービス外部評価実施要綱

PDF

 家族アンケート(参考例)

Word

  
  なお、自己評価・外部評価ともに、少なくとも年に1回は実施することとされていますが、
  外部評価については、一定の要件を満たすと、2年に1回とすることができます。
   外部評価を2年に1回とするためには、次の取扱要領に基づいた申出が必要です。
    
 地域密着型サービス外部評価の実施回数に係る取扱要領

 PDF

 地域密着型サービス外部評価の実施回数に係る申請書(様式1)H30年度~ 

Word

 地域密着型サービス外部評価の実施回数に係る同意について(様式2)H30年度~

Word

 北海道地域密着型サービス外部評価実施要綱の運用について

 PDF

 《参考様式》事業所から保険者(市町村等)への同意書の交付依頼

Word

 《参考様式》保険者(市町村等)意見書

Word

 
   各年度ごとに申出のあった事業所は、次のとおりです。
 

平成30年度 地域密着型サービス外部評価の実施回数を2年に1回とする事業所(PDF)

平成29年度 地域密着型サービス外部評価の実施回数を2年に1回とする事業所(PDF)

平成28年度 地域密着型サービス外部評価の実施回数を2年に1回とする事業所(PDF)

平成27年度 地域密着型サービス外部評価の実施回数を2年に1回とする事業所(PDF)

平成26年度 地域密着型サービス外部評価の実施回数を2年に1回とする事業所(PDF)

平成25年度 地域密着型サービス外部評価の実施回数を2年に1回とする事業所(PDF)

 

【申請・問い合わせ先】

北海道保健福祉部高齢者支援局高齢者保健福祉課介護運営グループ

TEL 011-231-4111 内線25-667

〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目 


   
    外部評価は、北海道が選定した以下の「外部評価機関」が行います。
    なお、外部評価の申込みは、直接、外部評価機関に行うこととなります。
      詳細については、各外部評価機関へお問い合わせください。
    
          地域密着型サービス外部評価機関一覧(PDF)    
    ※選定期間:平成30年4月1日から平成33年3月31日まで

【外部評価結果の活用事例】

 平成22年9月~11月にかけて、保険者及び対象事業所に対し、外部評価結果の活用事例について情報提供を受けたものを取りまとめたものです。
 

 保険者(市町村等)における活用事例

PDF

 事業所(認知症高齢者GH・小規模多機能型居宅介護)における活用事例

PDF