スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 地域医療推進局医務薬務課 >  かかりつけ薬局(北のかかりつけ)


最終更新日:2020年4月03日(金)


かかりつけ薬局(北のかかりつけ)


画像かかりつけ薬局(北のかかりつけ) いつもの。と気軽に頼めるのは信頼の証。気軽に相談できるかかりつけ薬局をもちませんか?

「かかりつけ薬局」とは?

 患者さんは、どの病院、診療所(医院)、歯科診療所で処方せんを受け取っても、自由に薬局を選ぶことができます。自宅の近くや、いつも行く商店街の薬局など、あなたがいつも利用する薬局が決まっていれば、その薬局のことを「かかりつけ薬局」といいます。

 どの病院、診療所(医院)、歯科診療所にかかっても、同じ薬局で調剤を受けることが大切です。あなたが一番気軽に相談でき、信頼できる「かかりつけ薬局」を決めましょう。

 

 

「かかりつけ薬局」のメリット

1 あなたの薬歴(お薬の服用の記録)をつくります。

2 いろいろなお医者さんから同時に処方せんが出たときなど、お薬の飲み合わせ(相互作用)や重複がないかを確認します。

3 大衆薬との飲み合わせも確認します。

4 お薬についてわかりやすく説明します。お薬の名前や効きめなどを書いたメモをお渡しすることもあります。

5 お持ち帰りが困難なお薬を、ご自宅までお届けしますので、ご相談下さい。

6 体の不自由な方には、ご自宅へお伺いして、お薬や、介護用品の相談もいたします。

7 休日・夜間など、いざという時に相談できます。

 

「おくすり手帳」を持って、有効活用しましょう!

 おくすり手帳には、自分の飲んでいる薬等が記録され、薬の重複や飲み合わせによる副作用を未然に防止することができます。また、ふだん持ち歩くことで、自分の使っている薬を正確に伝えることができます。

 おくすり手帳は、薬局でもらえます。病院、診療所(医院)、歯科診療所、薬局にかかった時には、必ず毎回医師、歯科医師、薬剤師に見せ、ドラッグストア等でお薬を買った時にも記録するなど、上手に使って有効活用しましょう。

 

 

お近くの「かかりつけ薬局」をお探しの方は

 こちらの北海道医療機能情報システムから、「薬局を探す」を選択して、お探しの地域、市町村名を選んでください。