スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 福祉局地域福祉課 >  北海道では「共生型地域福祉拠点」の設置を推進します!!


最終更新日:2019年11月12日(火)

北海道では「共生型地域福祉拠点」の設置を推進します!!

 人口減少や高齢化、価値観や生活様式の多様化など地域社会を取り巻く環境の大きな変化に伴い、過疎化や単身高齢者の増加等により、家庭や地域内の支え合いが希薄となり、孤独死や引きこもり、貧困や高齢化等による孤立などが課題となっており、高齢者や障がいのある方、子どもなどが地域住民と集う地域のコミュ二ティ活動の場において、お互いに支え合い安心して生活できる仕組みづくりが必要となっております。

 このため、道では「共生型地域福祉拠点」の設置推進に取り組むこととし、道における支援施策等、順次、情報を掲載していきます。


お知らせ

〇共生型のまちづくりスタディプログラム開催のご案内

 

いま、全国各地で、それぞれの地域特性をふまえて住民同士がたすけ合い、

地域のくらしや魅力を創っていく「共生型」の取組が展開されています。

今回のプログラムでは、そうした持続可能な「共生型」の取組づくりの実践者から

企画・運営のノウハウを学んだり、悩みを共有して一緒に解決策を考えていきながら、

各地域で「共生型地域福祉拠点」の設置・発展を目指したい人を応援します。

 

詳細は、下記の案内チラシをご覧ください。

 ◆案内チラシ◆          ◆参加申込書◆

 

 【第1回 拠点運営個別相談会】 令和元年11月 9日(土) 開催  (受付を終了しました。)

 【第2回 拠点運営個別相談会】 令和元年12月20日(金) 開催  (12月18日(水) 申込〆

 【先進事例視察ツアー Aコース】 令和元年11月15日(金) 開催  (受付を終了しました。)

【先進事例視察ツアー Bコース】 令和元年11月26日(火) 開催  (応募多数のため、受

                                             付を終了しました。)

 


「共生型地域福祉拠点」とは?

〇日常生活で様々な支援が必要な場面において、公的サービス以外に、住民同士がお互いに助け合い、支え合うための取組(共助)に導く拠点

〇支援者と支援を受ける者(高齢者、障がいのある方、子どもなど)という双方向の関係ではなく、誰もが一住民として参画する中で地域課題を見いだし、支援を受ける側も役割を持ち、可能な共助に主体的に参画するための機能を持つ

〇支援を必要とする者の状況に応じ、自治体等と連携した公的サービスの適用や専門機関へのつなぎなどの機能を併せ持つ

〇拠点運営をコーディネートする人材により、一連の取組支援や関係機関との連携を図る

 ▼ 取組先進事例等のご紹介 ▼


参考一覧


◯ 北海道における共生型地域福祉拠点の整備状況(平成30年8月5日掲載)

◯ 北海道における共生型地域社会サポートガイドについて(平成29年5月25日掲載)

◯ 地域づくり総合交付金について(平成28年6月28日掲載)

 

 

お問い合わせ先

060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目

北海道保健福祉部福祉局地域福祉課

地域福祉推進グループ 

         TEL:011-231-4111(内線25-614)
FAX:011-232-4070