スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 福祉局地域福祉課 >  EPA(経済連携協定)に基づく外国人介護福祉士候補者受入について


最終更新日:2017年5月17日(水)

EPA(経済連携協定)に基づく外国人介護福祉士候補者受入について

EPA(経済連携協定)について

 EPA(経済連携協定)とは、2以上の国(又は地域)の間で、自由貿易協定の要素(物品及びサービス貿易の自由化)に加え、貿易以外の分野、たとえば人の移動や投資、政府調達、二国間協力等を含めて締結される包括的な協定をいいます。

EPAに基づく外国人看護師・介護福祉士候補者の受入制度の概要について

 受入制度の概要はこちら → 厚生労働省ホームページへ

外国人介護福祉士候補者の受入に対する北海道の取組について

 道では受入施設における候補者の学習を支援しており、平成27年度から受入施設の担当者による意見交換会を開催しています。

道内の外国人介護福祉士候補者受入施設一覧

 道内では、3法人(4施設)において外国人介護福祉士候補者を受け入れています。

  平成28年11月28日現在

お問合せ先

 北海道保健福祉部福祉局地域福祉課福祉基盤グループ
 〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
  TEL 011-231-4111 内線 25-620


地域福祉課のページに戻る

北海道のページ