スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 福祉援護課 >  北海道福祉のまちづくり資金の概要

北海道の分類: くらし・医療・福祉 > 社会福祉 > 福祉のまちづくり

最終更新日:2016年8月29日(月)

建築物等のバリアフリー整備に融資します
《北海道福祉のまちづくり資金について》

1 概要

 障がいのある方やお年寄りをはじめ、だれもが安心して快適に生活できる福祉のまちづくりを進めるため、民間が保有する建築物等の出入口、トイレ、エレベーター、駐車場などのバリアフリー化を促進するための資金を低利で融資するものです。

2 融資対象者

  • 道内において、公共的施設(3 融資対象施設を参照)の整備を行う民間事業者の方
  • 取扱金融機関(9 取扱金融機関を参照)の貸付審査基準に適合した方

※独立行政法人福祉医療機構が行う福祉貸付、医療貸付を受けることが可能な場合は貸付対象外となります。

3 融資対象施設


対象施設

 小売店、百貨店、スーパーマーケット、食堂、レストラン、旅館、ホテル、共同住宅(高齢者向けマンション、グループホーム等)、理容院、美容院、映画館等が対象になります。

守らなければならない基準

 上記の対象施設の新築や増改築等を行うに当たって、北海道福祉のまちづくり条例の基準に則って、出入口のスロープや自動ドア、エレベーター、車いす使用者用トイレ等を整備することが必要となります。

これまでの貸付例

施設名 工事の種別 整備箇所
葬祭場 一部改修 エレベーターの設置
ペンション 新築 駐車場・出入口・館内
物品販売店 新築 駐車場・出入口・店舗内

4 融資金額

1億円以内(10万円単位)

工事の種別
対象工事費
新築又は増改築等 施設整備等に要する費用の70%以内
一部改修等 施設整備等に要する費用

5 利率

  • 融資期間別固定金利
    • 融資期間3年以内→1.4%
    • 融資期間5年以内→1.6%
    • 融資期間7年以内→1.8%
    • 融資期間15年以内→2.0%
  • 変動金利(融資期間3年超)→1.4%

※平成28年4月1日現在。金融情勢等により変更する場合があります。

イラスト(買い物をする車いす利用者)

6 融資期間

15年以内(据置期間2年以内を含む)

7 担保・保証人等

取扱金融機関の定めるところによります。

8 返済方法

取扱金融機関の定めるところによります。

9 取扱金融機関

北洋銀行、北海道銀行、北陸銀行
北海道内の信用金庫及び信用組合

10 申込み手続き

 貸付けの申込みをする前に、その建物などが条例の基準に則って建築されるかどうかの適合審査申込書を知事に提出し、適合審査を受ける必要があります。この適合通知書を添付して取扱金融機関に貸付け申込みを行ってください。

11 問い合わせ先

道福祉援護課福祉基盤グループ(011-231-4111内線25-620)又は
お近くの(総合)振興局保健環境部社会福祉課にお問い合わせください。
お問い合わせだけでも結構ですのでお気軽にご連絡ください。

福祉のまちづくり資金の詳しい内容はこちら →

北海道福祉のまちづくり資金貸付制度要綱(本文)(PDFファイル)

北海道福祉のまちづくり資金貸付制度要綱(別紙1)(PDFファイル)

北海道福祉のまちづくり資金貸付制度要綱(別紙2)(PDFファイル)

北海道福祉のまちづくり資金貸付制度要綱(別紙3)(PDFファイル)

北海道福祉のまちづくり資金貸付制度要綱(運用表)(PDFファイル)

北海道福祉のまちづくり資金貸付制度要綱(様式)(PDFファイル)
(WORDファイル)