スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 福祉局地域福祉課 >  次世代の担い手育成推進事業


最終更新日:2017年4月21日(金)

お手伝いします!福祉の授業

~次世代の担い手育成推進事業のご案内~

 児童生徒の福祉や介護に関する理解を深めるため、学校等に「福祉教育アドバイザー」を派遣し、車いすや高齢者疑似体験セットを使った体験学習や心のバリアフリーを促進する講話など、福祉に関する授業の充実を支援します。

1 福祉教育アドバイザーの派遣対象

幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校

2 福祉教育アドバイザーの派遣時間

1回の派遣につき1~2時限の授業を想定しています。

3 主な授業内容

  • 車いすを使用した体験授業
  • 高齢・身体障がい疑似体験セットを使用した体験授業
  • アイマスクなどを使用した視覚障がいや点字に関する体験授業
  • 聴覚障がいや手話に関する体験授業
  • 精神障がい・心の健康に関する授業
  • 福祉に関する講話・レクリエーション
  • 盲導犬に関する体験授業(※盲導犬体験を希望する場合は、事前に御相談ください。)
■備考
体験授業で用具を使用する場合は原則、申請校で御用意していただきます。
各地域の市町村社会福祉協議会では、福祉用具の貸し出しを行っている場合があります。

※ 授業の際に撮影した写真などを福祉の教育の普及啓発活動のために使用させていただく ことがありますので御了承ください。

4 福祉教育アドバイザーの派遣に要する経費

福祉教育アドバイザー派遣に要する費用は、北海道が負担します。

5 福祉教育アドバイザーの派遣申請について

本年度の予算限度に達した段階で受付けを終了します。※申請の受付順で決定します。

6 「次世代の担い手育成推進事業」における派遣申請等の流れ

派遣申請等の流れ

7 要領等

8 事業に関するお問い合わせ(福祉教育アドバイザーの派遣申請書等の提出先)

北海道保健福祉部福祉局地域福祉課福祉基盤グループ
〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
TEL 011-231-4111(内線25-619)  FAX 011-232-4070

※御相談や御不明な点がありましたら、お気軽に連絡してください。

バリアフリー