スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 福祉局地域福祉課 >  北海道バリアフリーマップ レポート・オホーツク流氷科学センター


最終更新日:2014年12月15日(月)

北海道バリアフリーマップ いっしょに北海道へ

Report オホーツク流氷科学センター

 

写真:オホーツク流氷科学センター外観 「流氷及び海洋に関する科学的知識の普及を図り、流氷に象徴されるオホーツク圏の自然と生活文化に対する理解を深める」ことを目的として北海道が設置した施設です。運営・管理は、財団法人オホーツク生活文化振興財団が指定管理者として行っています。

 360度の円形ドームで迫力のある映像を映し出すアストロビジョンや観測室、遊びながら学べるプレイランド、夏でも流氷に触ることのできる-20℃の厳寒体験室があります。

 網走地域を代表する観光施設の一つであり、バリアフリー対応済みということで、取材に行ってきました。

施設のバリアフリー情報へ

 

 

フォトレポート

 
写真:オホーツク流氷科学センターのようす1

 駐車場から施設までの距離が長く、また、傾斜があるため車椅子だととても疲れます。後からスタッフの方に聞いたのですが、障がい者や団体(バス)の場合はあらかじめ連絡しておけば、施設の正面入口前に車をつけられるようにしていただけるとのこと。

 車椅子の方は「ぜひ」前もって連絡を!

写真:オホーツク流氷科学センターのようす2

 バリアフリートイレはとてもきれいで、介助する方も一緒に入ることできる広さ。可動式補助手すり、車椅子用の低い洗面台、非常用ボタン、オストメイト用流しが設置されています。

写真:オホーツク流氷科学センターのようす3

 展示パネルと柱の間が少し狭かったところがありました。展示パネルはもう少し窓側に寄せてもらった方が良さそうです。

写真:オホーツク流氷科学センターのようす4

 展示されている写真は、車椅子利用者には少し高いかも。もう少し下げてもらうと助かります。

写真:オホーツク流氷科学センターのようす5

 体験展示コーナーでは、車椅子でも不自由なく展示を見学することができます。加えて、希望があれば、障がい者には施設のスタッフの方が付いて説明やサポートをしていただけるとのこと。

写真:オホーツク流氷科学センターのようす6

 水槽の中にいる小さいものが全部「流氷の天使」クリオネです。

写真:オホーツク流氷科学センターのようす7

 地下1階にある厳寒体験室には、車椅子でもエレベーターで下りることができます。入口に段差がありましたが、スタッフの方が手伝ってくださいました。防寒着を借りられるので、薄着でも大丈夫です。

写真:オホーツク流氷科学センターのようす8

 -20度に保たれた部屋で流氷を触ることができるほか、オホーツクの魚や花などが氷漬けで展示されています。

写真:オホーツク流氷科学センターのようす9

 流氷センターのウリの一つである見られるアストロビジョンには、入口付近の楽に出入りできる位置に車椅子専用スペースが設けられていました。

 全天周映像の円形ドームいっぱいに、雄大な流氷の空撮や花の咲き乱れる海岸線などが映し出され、オホーツクの四季を臨場感たっぷりに体験できます。

写真:オホーツク流氷科学センターのようす10

 3階にある展望テラスからは。流氷や砕氷船ガリンコ号を眺めることができます。

 

 

インタビュー

 
 管理係主任の広谷美紀氏からお話を伺いました。
 

Q.

この施設は、いつ建設されたのでしょうか?

A.

平成3年です。


Q.

アストロビジョンは迫力がありました。センター見学のポイントですね。

A.

そうですね。アストロビジョンでのリアルな流氷の映像や、一年中厳寒体験室で実際に流氷を触れる事ができるということで、観光客の方には大変喜ばれています。


Q.

アストロビジョンに車椅子用のスペースは何台分あるのでしょうか?

A.

前部に4~5台分のスペースを設けています。足りない場合は、スタッフがサポートし通常の座席に座っていただいています。


Q.

駐車場から流氷センターまで少し遠かったのですが…。

A.

確かに「駐車場とセンターが遠い」という苦情をいただくことがあります。ただ、障がい者の方やバスなどで来られる団体の方は、事前にご連絡ください。そうすれば、センターの正面入口前に車をつけていただけるようにいたします。


Q.

バリアフリー化についてどのようなことに取り組まれていますか?

A.

トイレはバリアフリー化されているのですが、施設自体は完全にはバリアフリー化されていません。しかし、その分スタッフが障がいをお持ちのお客様などに対してサポートを行うようにしています。


Q.

今後、改善していきたいとお考えのところがあれば教えてください。

A.

ご見学の際に指摘いただいたところですが、今後は車椅子等からの目線や通路の幅も考えて展示の高さや配置を考えていきたいと思います。


Q.

ありがとうございました。

トップページへこのサイトについてバリアフリー情報リンクお問い合せ