スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 地域医療推進局地域医療課 >  在宅医療の推進について


最終更新日:2017年6月12日(月)

在宅医療の推進について


 

在宅医療の推進について

 

高齢化の急速な進行等により、長期にわたる療養や介護を必要とする患者の増加が見込まれ、医療機関や介護保険施設等の受け入れにも限界が生じることが予測される中、在宅医療(終末期医療を含む)は、患者の生活の質(QOL)を重視する観点から、慢性期及び回復期患者の受け皿として、また看取りを含む医療提供体制の基盤の一つとして期待が高まっています。

道では、平成25年3月に策定した北海道医療計画[改訂版]に基づき、在宅医療の推進に取り組んでいます。

 

◯ 北海道医療計画[改訂版]第3章第12節 在宅医療(終末期医療を含む)の提供体制

◯ 北海道医療計画[改訂版]第8章別表23 在宅療養支援病院及び在宅療養支援診療所一覧(平成28年4月1日現在)

 

 

★ 平成29年度補助事業「在宅医療提供体制強化事業」

 

在宅療養支援診療所・在宅療養支援病院等の医療機関、郡市医師会、市町村向けの補助事業を実施することとし、現在、実施希望調査を行っています。

事業概要及び事業計画書様式はこちらです。 ご不明な点はお問い合わせください。



★ 平成29年度医師向け訪問診療同行研修の実施について


 

◆ 多職種連携体制の構築・人材育成の取組

 

道では、保健所を在宅医療に必要な連携体制づくりのコーディネート役とし、二次医療圏ごとに多職種で構成する連携協議会を設置し、在宅医療の課題の抽出と解決に向けた検討や住民への普及啓発を行うとともに、在宅医療への参加を促し、顔の見える関係づくりを図るための研修等を実施しています。

 

◯ 各地域の取組

◯ 全道規模の多職種合同研修

→ 平成25年度在宅チーム医療を担う多職種合同研修(H25.12.14)

→ 平成26年度地域包括ケアシステムの構築に向けた市町村リーダー養成研修(H27.2.28)

  → 平成27年度在宅医療連携システム推進事業 全道多職種協議会(H28.3.13)

 

◆ 各種調査・統計

 

◯ 調査

 → 北海道における在宅医療~その推進に向けて(H20.3)

   在宅医療に関するアンケート調査結果 

 → 在宅療養支援診療所・在宅療養支援病院に係る調査(H25.12)

◯ 統計
 
→ 在宅療養支援診療所・在宅療養支援病院の推移等

 → 在宅医療関係機関 市町村別届出施設数 

 

◆ 会議資料等


○ 高齢者保健福祉課主催「医療と介護の連携の推進に向けた意見交換会専門部会(第2回)」

  H28.9.16 地域医療課関連資料
   
資料2-2 ICTを用いた情報共有

   資料3-13-2本道における在宅医療の推進について

 
「医療と介護の連携の推進に向けた意見交換会」の資料はこちら

◆ 小児の在宅医療はこちらをご覧ください。

◆ リンク

  北海道保健福祉部高齢者支援局高齢者保健福祉課「医療連携推進事業(H24~26)」

  厚生労働省「在宅医療の推進について」

        厚生労働省「患者の意志を尊重した人生の最終段階における医療体制について」