スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 地域医療推進局地域医療課 >  第3回北海道プライマリ・ケアフォーラム開催


最終更新日:2015年12月07日(月)


第3回北海道プライマリ・ケアフォーラム開催


総合診療医の養成

第3回 北海道プライマリ・ケアフォーラム


第3回北海道プライマリ・ケアフォーラムパンフイメージ1  上記パンフレットのほか、ワークショップの詳細などは こちら からダウンロードできます。(PDFファイル 297KB)

 

 道内の医師不足や地域偏在が深刻な中、初期救急をはじめ、幅広い診療を行うことが可能な総合診療医の養成・確保に向け、医学生や医療関係者に総合診療医に対する理解を深めるため、第3回北海道プライマリ・ケアフォーラムを開催しました。

 

 多くの学生・初期研修医の方々に参加いただき、講演やワークショップを通じて総合診療医に関する知識や交流を深めることができました。

 

1 実施主体

(1)主催  日本プライマリ・ケア連合学会北海道ブロック支部、北海道

(2)共催  日本プライマリ・ケア連合学会学生研修医部会北海道支部

 

2 開催日時

  平成27年11月28日(土) 13時00分~18時30分

 

3 開催場所

  札幌市中央区北2条西7丁目  北海道立道民活動センター(かでる2・7) 

 

4 開催内容

(1)開会

 

(2)セッション1  

学生企画/若手キャリアプラン

 「家庭医療の舞台裏へ~若手キャリアプラン~」

ワークショップ/多職種連携

 「困ったなぁ、そうだみんなで相談だ~多職種連携やってみよう~」

ワークショップ/臨床推論

 「在宅でどう判断する?-訪問診療における臨床推論-」

 

(3)セッション2

  ワークショップ/患者中心の医療の方法

「臨床に活かすための「患者中心の医療」入門」

  特別企画

   「専門医をとったらどうなるの?~病院総合医のキャリアプラン~」

  特別企画

   「北海道を知ろう~私の町はこんな町~」

 

(4)基調講演

  「家庭医をめざしてジャングルジムをのぼったら」

 講師: 唐津市民病院きたはた 院長 大野 每子

 

(5)閉会

 

5 参集範囲

  医学生、初期臨床研修医、後期臨床研修医、指導医、医療関係者 等

 

6 当日の様子

開会挨拶(北海道ブロック支部 木村支部長)

主催者挨拶(保健福祉部 森技監) 

開会挨拶(実行委員長 勝田先生)

開会挨拶

主催者挨拶の様子

開会挨拶2 

学生企画/若手キャリアプラン「家庭医療の舞台裏へ~若手キャリアプラン~」

ワークショップ1の様子

ワークショップ/多職種連携「困ったなぁ、そうだみんなで相談だ~多職種連携やってみよう~

ワークショップ2

ワークショップ/臨床推論「在宅でどう判断する?-訪問診療における臨床推論-」

ワークショップ3

ワークショップ/患者中心の医療の方法「臨床に活かすための「患者中心の医療」入門」

ワークショップ4

特別企画「専門医をとったらどうなるの?~病院総合医のキャリアプラン~」

特別企画1

特別企画「北海道を知ろう~私の町はこんな町~」

特別企画2

基調講演「家庭医をめざしてジャングルジムをのぼったら」

唐津市民病院きたはた 院長 大野每子 先生

基調講演

閉会挨拶(北海道支部 川畑副支部長)

閉会挨拶

ポスター展

会場の様子

ポスター展

会場の様子

「総合診療医」に関するページは こちら

「北海道地域医師連携支援センター」トップページは こちら 


お問い合わせはこちらへ

北海道保健福祉部地域医療推進局地域医療課医師確保推進グループ

〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目(本庁舎6階南側)
電話(ダイヤルイン)  011-204-5214
FAX.           011-232-4472
      メール  hofuku.tiikiishi1@pref.hokkaido.lg.jp
      (迷惑メール防止のため@を大文字にしています。コピー&ペーストの際はご注意ください)