スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 地域医療推進局地域医療課 >  北の総合診療医 - その先の、地域医療へ


最終更新日:2019年3月29日(金)

北の総合診療医についてAbout us

幅広い病気に対応する診療能力を備え、
地域に暮らす人々の健康をあらゆる面から支えるオールラウンダー。それが『総合診療医』です。
道内の医師不足や地域偏在が深刻化する中、北海道では、地域の医療を担う総合診療医の
養成と確保に向けて取り組んでいます。

北海道の医師確保対策Measures to secure doctors

総合診療専門医の地域における確保・定着・活躍に向けた取組総合診療専門医の地域における確保・定着・活躍に向けた取組イメージ画像

  • 総合診療医を志望する学生・医師の確保

    《総合診療医人材確保・養成事業》
    総合診療医に対する理解を深めるため、専攻医、学生及び臨床研修を対象とした
    研修会等を開催し、幅広い診療に対応できる総合診療医を目指す人材を確保・養成。
    《総合診療医地域連携支援事業》
    医学生・研修医に対し、専門研修についての説明会の実施。
    日本プライマリ・ケア連合学会北海道ブロック支部と北海道の共催による
    「北海道プライマリ・ケアフォーラム」を開催。
  • 総合診療専門医を取得した医師の地域での活動支援(道内定着の支援)

    《総合診療専門医活動支援事業》
    専門医取得後の若手医師を指導医として養成し、地域との連携を構築しながら
    今後の道内勤務につなげる取組を実施。
  • 総合診療医が有効に機能する地域連携モデルの構築

    活動モデルとなる好事例の効果的な発信。

総合診療医の役割について、地域の関係者や学生に正しい理解を広めるとともに
地域定着のための支援を行い、道における総合診療医の
確保・活躍に向けた取組を行っています。