スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 地域医療推進局地域医療課 >  小児科医療の重点化計画について

北海道の分類: くらし・医療・福祉 > 健康・医療・衛生 > 小児・周産期医療

最終更新日:2014年9月18日(木)

小児科医療の重点化計画を策定いたしました

 

 小児科医師の減少と都市部偏在により、地域における小児科医師の確保が困難となっております。

 また、核家族化や共働き夫婦の増加、より専門的な医療を受けたいという意識の変化などを背景に、小児科の患者が小児の二次医療を担っている病院に集中する傾向にあり、病院に勤務する小児科医師が体力的、精神的負担が増大しています。

 こうしたことから、病院に勤務する小児科医師の勤務環境の改善を図るとともに、地域の持続可能な小児医療体制を確保するため、「小児科医療の重点化計画」を策定いたしました。

 ■ 小児科医療の重点化計画の概要

 ■ 小児科医療の重点化計画


 計画の策定に当たりまして、皆様から幅広いご意見をいただきありがとうございました。

 ■ 「小児科医療の重点化計画(仮称)素案」についての意見募集結果

 

     
 北海道保健福祉部地域医療推進局地域医療課医療政策グループ         
  住    所:〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
  電    話:011-231-4111(内線25-327)
  ファクシミリ:011-232-4472