スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 道立病院局 > 子ども総合医療・療育センター >  看護について-北海道立子ども総合医療・療育センター


最終更新日:2017年4月07日(金)


看護について-北海道立子ども総合医療・療育センター


北海道立子ども総合医療・療育センター
センターについて 診療案内 施設案内 医療関係者の方へ 地図・交通案内
 総合メニュー
ホーム
センターについて
診療案内
部門案内
施設案内
看護について
医療関係者の方へ
地図・交通案内
アートワーク
パンフレット(PDF)
  
看護について

   看護部基本理念

「私たちは、子どもの命を守り、生活の質を高めるために良質な看護を提供し、健やかな成長・発達を支援します。」

   看護部基本方針
  1. 子どもの人権を尊重し、成長・発達に応じた、高度で質の良い看護を提供します。
  2. 子どもと家族が安全に、安心して生活・療養できる環境を整えます。
  3. 専門職業人として看護の質向上を目指し、自己研鑽できる人材を育成します。
  4. 子どもたちが地域で生活できるように、多職種と協働し支援します。
  5. 組織の一員として経営感覚を持ち、経済性・効率性をふまえた効果的な看護を実践します。

 

   ご挨拶

                                                                                                                

患者さまやご家族が何を望んでいて、その行為が患者さまとご家族 にとって、最善の利益に繋がることを願い、専門性の高い確かな知識と技術をご提供するために、看護職員は日々研鑽しています。そして、子どもの権利の擁護者であることを常に意識し、一人一人の患者さまが必要な時期に、適切な場所で、必要な支援が受けられるように、他部門と有機的な連携がとれる看護部を目指しています。皆さまの笑顔にあえることを励みとし、優しさを表現しながら良質な看護の提供に努めていきますので、よろしくお願いいたします。

                                    看護部長 中野 香寿子

   

 1 部署紹介 

  2 教育体制

 3 スペシャリストのお仕事 

  4 ママさんナース