スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 道立病院局 > 病院経営課 >  道立苫小牧病院の廃止について


最終更新日:2014年4月09日(水)


道立苫小牧病院の廃止について


道立苫小牧病院の廃止について

~平成26年3月31日をもって廃止となりました~

 

 

 

  ○  道立苫小牧病院は、昭和29年に結核療養所として開設以来、東胆振・日高地域にお

    ける結核及び結核後遺症の患者に対する医療を担ってまいりましたが、近年、結核患者

    数が大きく減少していることなどから、平成26年3月31日をもって廃止いたしまし

    た

 

  ○  廃止後の医療について、結核で入院が必要な場合は札幌などの結核病床を有する専門

    医療機関での受入れとなりますが、緊急の場合や重篤な合併症により専門医療機関まで

    の搬送が難しい病状にある方については苫小牧市立病院で一時的に受入れしていただく

    こととしております。

      また、呼吸器疾患に対する医療については、苫小牧市立病院や王子総合病院などの医

    療機関を受診していただくこととしております。

 

  ○ 患者様には、ご理解を賜りますようお願い申し上げるとともに、これまで長きにわた

    ってご利用いただきましたことに、厚くお礼を申し上げます。

 

                                    

 

                                 北海道保健福祉部地域医療推進局道立病院室

                                 電話  011-231-4111(内線25-855)